5/3更新★【京都サロン】5月 ★予約状況はこちら★

【施術者からのお願い】NG行為

ほとんどのマッサージ、鍼灸、トリートメントなどに通じることだと思います。

施術者を(勝手に)代表して、お伝えします。

マッサージを予約する前、行く前にぜひご確認を^^

体を良くするために受ける施術なのに
前後の過ごし方で逆に身体に負担をかけてしまう場合があるのをご存知ですか?

「NGな理由」を知っておくと
色んな場面で自分を守ることができます。

身体を整えることは
スポーツ後と同じくらいの身体の状態になります。

「激しい運動は控えてください」
「長風呂やサウナは控えてください」

と言われることは基本的にNGと思ってもらって大丈夫です。

では、詳しく解説していきます👩‍🏫

 

こんな状態では来ないでください

・コロナ感染の疑いがある

自分は大丈夫だから、は通用しません。
八木が感染した場合、他のお客さまにも感染させる可能性や
サロンの休業も余儀なくされます。
濃厚接触者の可能性がある、手洗いをしない人も、来店はご遠慮ください。
施術者のためにも、どうかよろしくお願いいたします。

・空腹状態

おなかペコペコで運動したらどうなりますか?
フラフラクラクラ、貧血気味になりますよね。
空腹状態で施術を受けると頭がクラクラする可能性があります。

・風邪をひいている

熱がある状態で運動、しませんよね^^;
風邪以外でも体調が良くないときは控えてください。
施術者の自衛のためにも、ご遠慮いください🙇‍♀️

・咳が出る

お客さま自身も、咳が気になって施術に集中できないってもったいない。
(我慢するのも辛いし、力が抜けません💦)
特に、コロナウィルスに警戒中のこの時期、
コロナじゃないと分かっていても、申し訳ないけどやっぱり不安になります。
気になりながら施術するのは最高の施術を提供できないので
お互いのためにも、お控えください。

・酔っぱらっている

酔っぱらってる状態で運動したらどうなります?
気持ち悪くてオェ~🤮ですよね^^;
お酒強いから、とかいう問題でもありません。
お酒のニオイがサロンに残ると、次のお客さまにもご迷惑になるので
お控えください。

・動くのが辛いほど生理痛が重い

生理中でも施術は受けていただけます。
でも、動くほど辛いときは安静が一番です。

・怪我の直後(傷がふさがっていない状態)

来ないと思いますが(笑)
治すのが先決です。
サロンではなく、病院や治療院に行きましょう。
ぎっくり腰などの場合も直後は治療院に行くのがおすすめです。
3日以上後なら当サロンでも対応可能です。

・病気や感染症などの時

お医者さんにマッサージを受けても大丈夫かを確認してください。
水虫、その他皮膚トラブルがある場合は、恥ずかしがらずに必ず施術者に申し出てください。

施術者は細心の注意を払って施術を行いますが
たくさんある病気のことをすべて知っているわけではありません。

施術によって病状が急変する可能性もあります。
必ずお医者さんに確認、施術者に報告をしてください。
そのためのカウンセリングです。
施術をお断りする場合もありますが、これはお客さまの体を想っての対応ですので
どうか気を悪くしないでください。
治ってからご来店いただけると、すごくすごくうれしいです^^

 

施術前は避けてほしいこと

・満腹まで食べたあと

食物が胃に入ると、血液が胃に集中し消化が始まります。
でも、マッサージを受けると全身の血流が良くなるので
胃に行って消化を促進しないといけないのに
全身にめぐってしまうから消化が進まず、胃もたれしたりします。

あとは、うつ伏せになると胃が圧迫されて苦しいし
施術的におなかをほぐしたいのにほぐせなくて、思った通りの施術結果が得られません^^;

食事は施術の2時間くらい前に、軽めに済ませてもらうのがベストです👍

・脱毛サロンに行ったあと

脱毛すると、お肌は軽い火傷状態になります。
お肌に刺激を受けた状態でマッサージを受けると赤みが出たり
炎症が起きる可能性があります。
脱毛サロンでも、当日は長風呂は止めてくださいって言われますよね。

・予防接種、その他注射のあと

注射の後も運動控えますよね。
特に、マッサージは排泄が促進されるので、せっかく入れたお薬が
身体に巡る前に排泄されてしまう可能性があります。
(全部ではありません)
あとは、腫れたり、注射を打ったところから雑菌が入る可能性もあるので
注射の日に予約を入れるのは控えてください。

・鍼治療のあと

注射の後とよく似た理由です。
鍼治療とマッサージを併用するのは、八木は良いと思います。
それぞれに強みがあって補い合えるからです。
併用する場合は、間を1~2週間開けるのが良いかと思います。
特に置き鍼をしてもらう場合、直後にオイルやマッサージに行くと
その部分は触れませんし、オイルで取れやすくなります。
(オイルがつかないように注意しても完全には無理です)
鍼を打つ場所は、マッサージでもほぐしたいポイントと同じな場合が多い。
どうせなら両方に触ってもらったほうが筋肉も固まる暇が無くなってよいのです。

・歯医者さんで治療を受けたあと(クリーニングくらいならOK)

抜歯の後は確実に施術はNGです。
痛み止めをもらったとしても、です。

血行が良くなって腫れたり、ズキズキしたりします。
顎周りはほぐせないし、そうすると首凝りの解消が半減します。
せっかく来てもらったのに、不完全燃焼な施術結果になります。

何より、身体への負担が大きすぎます。
身体に優しく。

・美容系の手術(プチ整形、ボトックス注射、レーザーのシミ取りなど)のあと

脱毛の後、注射の後と同じです。

 

施術後は避けてほしいこと

・飲み会

施術後は血流が良くなっているのでお酒がまわりやすいです。
良く言えば、少量で酔えるので経済的ですが(笑)
眠くなるのも、身体が落ち着きたい、今の状態をなじませたい、と言ってる証拠です。
消化不良になる可能性も高いです。(上記参照)
家飲みの場合でも控え目に。(本当は飲まないでもらいたい^^)

・激しい運動

軽めにウォーキングやヨガ、ストレッチなどは良いですが
施術後、当日に激しい運動はお勧めしません。
せっかく整った身体で覚えた正しい身体の使い方、
緩めの動きでなじませていき、
徐々に動きを大きくしていくとパフォーマンスの向上にもつながりおすすめです。

・ヘルシーじゃない食事

身体が整っている状態で、身体の中も良いものを取り込んでもらいたい。
施術後は味覚も整っている状態です。
(当サロンでも、施術後のお水やハーブティーがおいしく感じるのを体感されてますよね)

カルボナーラとか、ジャンクフードとか、味の濃いものより、
お出汁の効かせたお鍋とか、軽めに塩を振った温野菜とかで
整った味覚を維持させでください。

あとは、消化に負担がかかるものは
胃もたれしやすいので。(上記、満腹で来ないでください、と同じ理由)

痩せたい、と思っている人は特に^^

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です