【京都サロン】11月★予約状況はこちら★

お客さまの名言③50代女性

『背骨と対話する』

 

背骨のワークをしていた時、名言いただきました☆

背骨を動かす意識って、難しいのは承知の上で
ワーク(動き)をやっています。

最初はうまくできなくて当たり前。
だって、今まで背骨を動かすなんて意識してこなかったんだから😉

このお客さまも、動きをイメージしてもらうと
しっかり背骨が動くようになりました。
目を閉じて、背骨がねじれるのをイメージしながら動かしたそうです。

で、この名言が出ました👍

背骨以外も同じです。

肩甲骨を動かす
前鋸筋を使う
大腰筋を使う
足の指を使う

使うところを意識する=使うところと会話する

動きをイメージしながら「動かすよー」「働いてー」と心の中で話しかけながら動かすと
何も考えずにただ動かすより、動く範囲(可動域と言います)が広がります。

ほら、筋トレマニアの人とかが
力こぶのところ触りながら鉄アレイ持ち上げてるの見たことあるでしょう^^

この写真は触って無いけど😛

あれは、力こぶの筋肉(上腕二頭筋)と会話してるんです。
「大きくなれー」って💪★

ストレッチをするとき
筋トレをするとき

いま、どこに効かせたくてやっているのかをしっかり意識して
そこに、ゆるんで~、育って~って対話しながらやってみてくださいね😉

ちなみに、八木が宿題を出す時は必ず、
「何のためにするのか」を説明しているので

それが重要ポイントだったりします^^

何のためだっけ?って忘れちゃった場合は
遠慮なくLINEくださいね。
怒りませんから。

間違った方法でやり続けたほうが
「なんで聞いてくれないんですか~」って怒るかも(笑)

 

おまけ:
八木は施術しながら、お客さまの筋肉や骨と会話してます。
話し合いがうまくいくと素直に緩んでくれるけど
たまに、「今日は緩みたくない」と言われる時があります。
そんな時は、「じゃあ、気が向いたら緩んでね」って話しかけます。
そうすると「ちょっとくらい緩んでやってもいいかな」って感じで緩み始めたりする。

身体と対話って、想像以上に効果が高いのです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です